治験アルバイトを体験した人の話を集めました

参加してみたいけど、どんなものか分からなくて参加するのをためらうなんて人がたくさんいます。

本当に安全なのか。

謝礼金は本当にもらえるのか。

入院中はどんなことをしなければいけないのか、またはどんなことをしてはいけないのか。

サイトを漁っても、満足した情報を得られず、
結局参加に踏み切れないなんてケースも珍しくありません。

恐らく、誰もが探しているものは参加した人の「生の声」なのではないでしょうか。

そこで、アルバイトに参加したことがある人の体験談を、当サイトで集めてみることにしました。 参加した人の体験を見ることで、よりイメージが掴める上に、見方も変わってくるはずです。

気になるアルバイト体験談があるかどうかチェックしてみよう!

1度参加すれば数万円の謝礼金がもらえる高額アルバイトの一つです。
中には1度で50万円もの謝礼金がもらえるものもあります。
短期でがっつり稼ぎたい人は、ぜひアルバイトの体験談を参考に、参加を検討してみてください。

治験アルバイトを始める前に読んでおきたいこと

治験を始める前、会員登録をする前にきちんと理解しておきたいことってあると思います。
でもどこからどう理解すればよいのかわからないもの。
治験のアルバイトの流れや種類や条件をしっかりと把握しておくことも大事です。
そこでここではきちんと理解でいきるようコンテツをご用意!!!
しっかりと把握して治験アルバイトに望みたいものですね!!

治験の種類や条件
治験の種類や条件
治験の種類や条件によって参加できる治験などが変わってきます。ここではどのように参加条件が変わるのかを詳しくご説明致します。
入院治験の実態
入院治験の流れ
治験に参加出来るようになっていざ参加してみたけど入院治験の実態を知らない!!!という風にならないよに入院治験の流れを簡単に ご説明しましょう!!

上記コンテンツでは治験をはじめる人でもわかりやすく説明しておりますので、ぜひ一度ごらんください。

募集サイトにまずは会員登録する

アルバイトは求人誌ではなく、募集サイトから登録し、
健康診断を受けてその健康診断で通る治験と疾患持ちで参加が可能
になります。
求人媒体では治験は募集しておりませんので、そこはきちんと理解しておきましょう!!
ではどうやって治験アルバイトを探すかというと、手順は、以下の通りとなります。

  • 【step1】治験募集サイトに会員登録
  • 【step2】気になった治験を申し込む
  • 【step3】事前健康診断に参加する
  • 【step4】治験に受けられるかどうか連絡を受ける
  • 【step5】治験に参加

上記の流れに沿って治験アルバイトの応募となります。
治験ボランティアの募集・紹介サイトに登録しないと治験アルバイトは始まりません。
まずは治験ボランティアとしてどこか紹介サイトに会員登録していろんな治験の情報を確認しましょう。

これから紹介する治験のボランティアのための
治験参加募集・紹介サイトにて会員として無料で登録してみましょう!!!
多くの治験紹介サイトに登録しておいたほうが
登録してない人よりかわ治験の情報をいちはやくゲットできてお得です。
しかし、注意することがあります。複数の募集・紹介サイトに登録し
その紹介サイトから紹介された治験に参加出来たとしても
他のサイトからの紹介治験はうけれることができません。ですのでそこを踏まえて治験を吟味してみてください。

治験アルバイトに参加して得られるメリット

アルバイトに参加するメリットはたくさんあります。
最も大きなメリットは謝礼金ですが、それ以外にも着目すべきメリットがありますので紹介します。

本人の意志で参加するかしないか決められる
参加は強制ではありません。本人の意志で参加を決め、また本人の意志で参加を辞退することが可能です。
しかし、主催者や他の参加者に迷惑がかかってしまう可能性もありますので、
個人的主観としては最後まで参加して欲しい気持ちはありますね。
入院中は自由時間が多い
入院参加での試験の場合、決められた時間に採血や検査がありますが、その時間以外は基本的に自由です。
本を読むなり、パソコンをするなりしてくつろぐことができます。
入院中は気軽に外出ができないので、病室の中で時間を過ごすことになります。
本やパソコンは持参しておくといいでしょう。
社会貢献になる
試験薬で使用した薬は、きちんとデータをとることができれば新しい薬として世に出ます。
新しい薬が出ることで今まで治らなかった疾患が治る可能性が広がります。
参加することで、病気で苦しんでいる人を助けることができるのです。
参加は立派な社会貢献になります。
最新の治療が受けられる
疾患者向けの場合、試験で服用する薬を使って治療を受けることができます。
試験薬は新しい治療に向けた薬になりますので、
今まで服用していた薬とは違った効果が見られることがあるのです。
治療費の負担が減る
疾患者向けだと、治療薬や診察、検査などの費用を製薬会社が
全額(※内容によっては一部)負担してくれます。
そのため、参加者は数千?数万かかった治療費が軽減されるのです。
サイト更新情報
当サイトは随時、治験に関するコラム、そのほか治験のアルバイトで体験した体験談を更新しております。
初心者さんは特にお役に立てるかとおもいますので、ぜひご覧ください!!!